中古住宅ならリフォーム三昧

中古住宅で一番多いリフォーム箇所について

中古住宅に引っ越しを考えている場合

耐震判断を行う

中古住宅でリフォームを行う前には必ず耐震性の確認をする事が重要です。
1981年以前に建てられた住宅の多くは耐震性が低い家が多いそうです。
その年に建築基準法の改正が行われていますが、強度の面ではかなり異なる為、築年数に合わせて耐震性の確認をする事が大切なのです。

新しい耐震基準についてですが、「大規模地震でも建物が倒壊せずに内部の安全が確保される」と言う事が決まっています。
阪神淡路大震災での地震でも1981年以降に建てられた中古住宅は被害が少なかったそうです。
耐震判断を行わなくても良い中古住宅もありますが、建設時の施工の甘さがあったりすると耐久性が落ちてしまうので耐震性が保たれていない場合があります。

耐震リフォームについて

自然災害はいつ起こるのか分かりません。
突然起こる為、もし中古住宅でリフォームを考えている際には耐震性が低いと言う事が分かった場合には、内装や外壁をリフォームするよりも最優先で耐震補強のリフォームを行うのが良いです。
耐震リフォームは家族を守るだけではなく、家を守り命を守る為に必要な事なのです。

建物の強度を上げる事で揺れが大きくても倒壊する危険を防ぎます。
中古住宅はリフォームを行いやすいのは自分の理想の家を作りやすいだけではなく、安全の再確認が出来る点でも新築一戸建てよりも目に見えて確認しやすい点にあるのです。
基礎の補強や老朽化している柱や土台の交換や屋根の軽量化をする事で地震で揺れても耐える事が出来ます。


このコラムをシェアする