中古住宅ならリフォーム三昧

中古住宅で一番多いリフォーム箇所について

家族に合った間取りにする事が可能

築10年から15年を目安に行う

リフォームが必要かどうかは購入した中古住宅にもよると思いますが、だいたい築年数がだいぶ経過している場合だとほぼリフォームが必要になります。
リフォームを行う目安はだいたい10年から15年を目安として考えて見るのが良いそうです。
行う箇所によってもリフォームに掛かる費用は様々あると思いますが、その年数が経過している中古住宅であればまず最初に行うと良いのが、前の記事でも紹介したと思いますが、水回りの修繕です。

一度に行うとかなりの金額になってしまうので、少しづつメンテナンス兼ねて修繕して行く事が大切です。
中古住宅のリフォームを行う際に注意するべき点は一番気になるのがリフォームに掛かる費用だと思います。
今では沢山リフォームを扱っている会社が多いので自分の家に合った所で行うのが良いです。

築年数が浅い場合は?

中には築年数が浅い中古住宅もあるようです。
そのような築年数があまり経過していない場合ではリフォームは行う必要があるのでしょうか?
例えば、築5年であればハウスクリーニング程度で済む事が多いそうです。

また中古住宅に多く見られる事が多い和室があるのであれば畳の張り替えだけで済む事もあり、その際には約3万程度で済むようです。
壁紙の汚れや劣化がある場合もある為、その際にはだいたい10万程度がリフォーム費用として掛かります。
必ずしも中古住宅であるからリフォームを必ず行わないと行けないというわけではないそうです。

中にはすでに以前住んでいた人がリフォームを行っている場合もあるからです。
それだと当分はリフォームが必要なく快適に住む事が出来ます。


このコラムをシェアする