中古住宅ならリフォーム三昧

中古住宅で一番多いリフォーム箇所について

外壁の修繕について

土地の権利の確認

リフォームをする際には増築をする家族も多いと思います。
その場合にはまず購入する前にその中古住宅が経っている土地にリフォームをしても良い権利があるのか、またどのくらいまでならリフォームが可能かどうかを役所又は不動産会社に確認して置く事が大切です。
必ずその建物が登記されている登記書類を取り寄せたり様々な権利について確認する事です。

また、建物の建蔽率や容積率など再建築が可能かどうかも聞いておく事です。
自治体により建築基準法で高さが決まっている所もあるので注意して見る事でより良い家を手にする事が可能なのです。
家の土台となる構造や土地の権利をしっかりと確認して置く事が失敗しない物件選びの鉄則だと言えると思います。

建物の構造をチェックする事

建物の構造チェックは素人の目からは確認出来ない事が多いです。
なので、きちんとした専門家にお願いをして構造確認を行う事が大切です。
特に、中古住宅を購入してリフォームをしてから住もうと考えている場合にはその構造基準によりリフォーム出来る箇所と出来ない箇所が決まるみたいです。

建物の良い悪いは築年数だけでは判断しない方が良いです。
構造の確認をして置く事でリフォームするべきかどうかの一つの基準にもなりますし、その家が本当に自分の家族に合っているかどうかが分かるそうです。
必ずその時には現場に立ち会って建物の周りのチェックや内装を業者や不動産会社に任せるのではなく立ち会う事できちんとしているかどうかを判断するのも良いと思います。


このコラムをシェアする